topimage

2017-06

アーミルさん推薦映画三作品(日本公開も:7/16追記:8/31追記) - 2015.07.16 Thu

ネタはたくさんあるのですが、なかなか更新する時間が取れなくて間が空いてしまいました。

今回はアーミルさん自身の映画ではなく、アーミルさんがおすすめをしているインド映画の情報です。

①Margarita With a Straw(ヒンディー語映画)


ネット記事によれば、まずは奥様のキランさんが観て、「これは観るべき映画」だとアーミルさんに薦め、その後主演女優のカルキ・コーチリンさんの隣ですすり泣きながらアーミルさんも観たとのこと。
見終わった後は「この映画をたくさんの人に知ってもらえるように何か出来ることはないだろうか」と申し出たそうです。
また、特別上映のホスト役もアーミル夫妻が務めたようです。
先に各国の映画祭などで上映されて賞を取っているようで、インドでも4/17に一般公開されたばかりなのですが、なんとこの映画、すでに日本公開が決まっています。(劇場や日時の詳細未定)
(PKは?ほかのあれやこれやは…?<心の声)
メインストリームのエンタメというより、ミニシアター系の障害者の女性主役の恋愛や性や自分探しを含む青春ドラマという感じでしょうか?(※詳しくは知らないので推測です)

②Fandry(マラーティ語映画)


来日時にアーミルさんが熱く語っておすすめしていた(らしい)映画。
言語的にマニアックなので、まさか日本で観られるとは思ってもみませんでした!
少年達が主役で、おそらく貧困などが関わる社会派なテーマがあると思うのですがyoutubeで検索すると歌や軽い踊りもあるようで、硬いだけの映画ではないようです。


7月20日(月・祝) 大阪の国立民族学博物館 みんぱく映画会で上映されます。
躍動する南アジア―春から秋のみんぱくフォーラム2015

※みんぱく映画会は博物館入場料のみで映画が見られます。
450席で、早めにいくと整理券がもらえ、30分前に開場で整理券の時間順に並んで入場。
多い時で7〜8割ぐらいの席が埋まるそうです。
午前中には映画解説者によるレクチャーもありとの記載も。

ちなみに、みんぱくでは夏にインド映画特集として4作品が上映されるので、そちらも要チェックです!
(伝説のロングラン映画DDLJはたぶん人気なので早めに行った方がいいかも)
リニューアルした南アジアの展示コーナーにはインド映画関係のものも色々あって、「チェイス!」のヤシュラージフィルムスが協力をしているそうです。


③Court(マラーティ語映画)


こちらは前述のMargarita〜と並んでアーミルさんがツイッターでおすすめしていた映画です。
予告を見る限り、自殺を促すような歌を歌ったかと言われてストリート歌手が訴えられたり、その服装はルール違反だから今日は裁判をやらないと女性が言われていたり、インドの裁判を風刺する内容?
数々の賞を取っていて、新進気鋭の若手監督による作品のようです。
この映画は今のところ日本公開情報はなし。


<ヒンディー語とマラーティ語>
※詳しい方はとっくに知っている情報だと思うので読み飛ばして下さい。

アーミルさんが通常出演している映画は「ヒンディー語」映画です。
インドは多言語が存在する国なので、言語ごとに映画界があってスターがいます。
その中でヒンディー語は北インドを中心に話されていて、公用語・共通語的な役目も果たしているので映画の制作本数や観客数はトップクラスです。(ヒンディー・タミル・テルグが三大映画界)

ヒンディー語映画は主にムンバイ(旧ボンベイ)=ボリウッドで作られていて、アーミルさんや他のスター達もムンバイに住んでいます。
ところが実はムンバイのある州の公用語はヒンディー語ではなくマラーティ語なのです。
つまり、マラーティ語映画はやや小規模な、アーミルさんにとっては地元の言葉で作られた映画ということになります。



2015年8月31日追記。
・COURT→邦題「裁き」
アジアフォーカス・福岡国際映画祭にて上映予定!
http://www.focus-on-asia.com/lineup/
9月20・22・25日の三回上映されるようです。
いろいろな地域のアジア映画が見られる興味深いラインナップなので、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
(私は行けないので、他でも上映されることを願っております)

アーミルさんオススメ映画がまさか三作品とも日本でも上映されるとはさすがというかなんというか。
ところでアーミルさん自身の主演作日本公開はまだでしょうか。
PKとか、なんなら過去の名作もぜひスクリーンで観たいです…


2015年7月16日追記。

・「ファンドリー」のみんぱくでの上映が間近に迫ってきました
7月20日(祝)上映のインド映画特集第一弾!
詳しい情報も出ていました。
http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/fs/150808india

マハラーシュトラ州(ムンバイのある州)の農村が舞台で、少年の恋と根強く残るカースト差別をテーマに描いた作品のようです。ナショナルフィルムアワードの最優秀監督デビュー賞と最優秀子ども俳優賞を受賞しているそうです。
素晴らしい演技をする子役の多いインド映画、たしかに予告編を見るだけでも主人公の少年はいい味を出しているような気がします。
アーミルファン的にはSatyamev JayateやTaare Zameen Parを思い起こさせますね〜。

11:30からは展示場でのミニレクチャーもあり。
残念ながら私は行けませんが、行ける方はぜひ楽しんできて下さい。


・Margarita With a Straw→邦題「マルガリータで乾杯を!」
今秋、シネスイッチ銀座他で全国公開が決定しました。
http://www.margarita.ayapro.ne.jp/
あいち国際女性映画祭では、9月1日に監督のショナリ・ボースさんと主演女優のカルキ・コーチリン(フランス語読みだとケクラン)さんも来日されるようです。
http://www.aiwff.com/2015/

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

aamirfanjp

Author:aamirfanjp
英語力ポンコツ、ヒンディー語ど初心者なぬるいインド映画オタク。祝PK日本公開!

最新記事

カテゴリ

基礎情報+関連リンクまとめ (1)
はじめに (1)
出演映画感想 (12)
最近のアーミルさん情報 (19)
映画以外のアーミルさん (5)
萌え叫び (5)
その他関連インド映画情報など (1)
未分類 (2)
出演映画一覧 (2)
インタビュー (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示