topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dangalの撮影に向けてのインタビュー① - 2015.03.29 Sun

最近のアーミルさんのインタビューです。
どうもインドのメディアは同い年の大スター、3カーンのライバル関係を煽るのが好きなようですが、タイトルはともかく内容的には主に新作Dangalについてと、出演作品の選び方や寡作であることについてでした。
(個人的にはシャールクやサルマンも好きなので、それぞれ別の方向性を模索しながら、良い意味で競い合うことで3カーンがボリウッドを牽引してきたと思っています。)

http://trove.com/a/Aamir-Khan-I-am-not-competing-with-Shah-Rukh-and-Salman.IMG9A?utm_campaign=hosted&utm_medium=twitter&utm_source=sns&ts=1427453910
aamir-khan-16.jpg
Aamir Khan: I am not competing with Shah Rukh and Salman!
(アーミル・カーン:シャールクとサルマンと競争しているわけじゃない)
内容(要旨ざっくり和訳)
同い年のスター、シャールクとサルマンはそれぞれ今年2作の映画公開を予定しているが、アーミル・カーンの次回作は来年、つまり二年に1作しか予定していない。だがそれは驚くにあたらない。他のだれもがやらないことをやるのがアーミルだ。最近50を越えたこの俳優が、なぜだれもがやらないことをやるのか、次回作Dangalに向けて再び体脂肪率9%の体を作ろうとしているのか、仕事上の転機となった出来事について語った。

ー次回作Dangalについて教えて下さい
監督はニティーシュ・ティワーリ。Bhoothnath Returnsの監督と Chillar Partyの助監督です。

ー監督の過去作二作品は観ましたか?
どちらもちゃんとは観ていない。脚本と説明の仕方が気に入った。彼が映像化するのが目に浮かぶようで。最近の監督の仕事だと、KBCキャンペーンでの監督・脚本の作品を観てとても印象的だった。

Dangalは事実に基づいてはいるけど、ドラマとして脚色された物語だよ。

ー今と昔とではあなたに出演を希望する映画の内容は変わりましたか?
出演のオファーはとても嬉しく思っているけど、出演しなかったものについては話さない。
今と昔とで内容は大きくは変わっていない。様々な要素が良く混ざりあっているもの、メインストリームな内容が多い。Dangalは特殊な例だ。

ーシャールクとサルマンは今年二作品に出演します。私たちがアーミル・カーン作品を年に二作観るチャンスはないのでしょうか?
難しいね。たしかにPKとDhoom:3(チェイス!)は似たような時期に撮影をしていたけど、それは他にやりようがなかったからであって、そういうやり方をしていくというわけじゃないんだ。もう一度はやらないと思う。
Dangalの制作には2年かかる。まず準備期間が6ヶ月いる。6ヶ月でハリャンビー(言語?)とレスリングを習う。次の6ヶ月はすべて役になりきるのにつかう。

ーでは小作品なら年に二作は可能なのでは?
僕は小作品にも出てるよ。Taare Zameen Par(地上の星)や Dhobi Ghat(ムンバイ・ダイアリーズ)に。これらはスケールの小さい作品だ。でもスケールや予算の大小は本質的には関係ない。演じる時の努力やかかる時間は同じだ。

ー同い年のスター達が数多くの映画に出演しています。比較されて困りませんか?
困らない。作品の量や数にはこだわったことがない。自分に喜びをもたらすのは映画を作るときに、どう生きて旅していくかなんだ。PKは2014年の12月公開、Dangalは2016年の12月頃になることだろう。彼らは年に二作品、僕は二年に一作品。でもどうやってこれより速く仕事が出来るかわからない。例えば今準備をしているDangalでは体重を増やしている。この役のためだけに。もし他の映画をやるとして、体重を落とす必要があったら同時には出来ない。

比較された二人についてだけど、僕はだれとも競争しているつもりはない。みんな別々のスタジアムで競技をしているんだと思う。僕が選ぶ映画は、サルマンが選ぶ映画ともシャールクが選ぶ映画ともまったく違っている。質についていっているわけじゃなく、種類がね。逆に僕が他の二人のような映画をやることもできない。

ーシャールクには気品が、サルマンには迫力がありますが、あなたには?
(笑顔)両方あるといいな。でもあまりそのことについては考えていない。自分自身挑戦するのが好きだし、観客にも挑戦するのが好きだ。自分自身も驚かせたいし、観客も驚かせたい。だから特に決まったパターンやイメージを追うことはしないんだ。わくわくするような仕事がしたい。いつも新しく以前とは違うものを。同じことを何度も繰り返すのは僕にとっては退屈すぎる。
それぞれ違っているから、シャールクとサルマンと競争しているという感じすらないよ。同じ場所に所属しているとも思わない。僕に言わせればね。

…続く

和訳にそろそろ疲れてきたので、次回あたり映画感想&紹介でも…と思いつつ、もし何か取り上げてほしいネタがありましたらコメント欄等でご要望いただければ嬉しいです。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

祝!チェイス!BD&DVD発売決定!!! «  | BLOG TOP |  » チェイス!メイキング私家版和訳:ネタバレあり

プロフィール

aamirfanjp

Author:aamirfanjp
英語力ポンコツ、ヒンディー語ど初心者なぬるいインド映画オタク。祝PK日本公開!

最新記事

カテゴリ

基礎情報+関連リンクまとめ (1)
はじめに (1)
出演映画感想 (13)
最近のアーミルさん情報 (19)
映画以外のアーミルさん (5)
萌え叫び (5)
その他関連インド映画情報など (1)
未分類 (3)
出演映画一覧 (2)
インタビュー (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。