topimage

2017-10

ISHQについて - 2015.04.12 Sun



若い頃のアーミルさん主演作に手を出してしまった記念の感想メモです。
ティラキタさんのインド映画レンタルDVDの日本語字幕(!)で鑑賞。

監督 インドラ・クマール
出演 アーミル・カーン、ジュヒー・チャウラー、アジャイ・デーヴガン、カージョル
1997年公開

<あらすじ>
町の大金持ちで、貧乏人が大嫌いな父を持つお坊ちゃんのアジェイ(アジャイ・デーヴガン)にはいつも一緒に悪さをする庶民の親友、ラジャ(アーミル・カーン)がいた。同じように貧乏人撲滅を願う大金持ちの父を持つ、お嬢様のマドゥフ(ジュヒー・チャウラー)にも庶民の親友カージャル(カージョル)が。
父二人は金持ち同士、無理やりアジェイとマドゥフを結婚させようとするが、アジェイは庶民の娘カージャルの方に恋をし、勝ち気なお嬢様マドゥフと自動車修理工のラジャも喧嘩をしながらお互いに惹かれあう。
貧乏人との結婚を許せない父二人は様々な妨害をするが…


古めのインド映画に感じる昭和臭…(インドに昭和はないですがっていうか、制作年はすでに平成時代になってますが)
早口でまくしたてる系のコッテコテのドタバタコメディからはじまるので、最近の洗練されたボリウッド映画からは隔世の感がありますが、むしろこれがいいんや…!そしてキャストがとにかく豪華!!
アーミルさんとアジャイ・デーヴガンさん(ミモラ・ターバン魂他主演)にカジョールさん(DDLJ・マイネームイズハーン・Fanaa他)まで!(ジュヒーさんも大変有名な方ですが個人的にほぼ初見)若い頃の有名俳優達がみんなでわちゃわちゃやったり踊ったりしているのを観るのが大変楽しいです。

アーミルさんは庶民の不良っぽい…いやむしろ小学生の悪ガキか!って感じの青年です。
ヒロインのジュヒーさんへのいたずらがほんともうしょーもないっていうかやり過ぎっていうかwジュヒーさんも勝ち気な性格で過激な行動をとるお嬢様なので、負けじと応戦しますww
歯磨き粉を投げつけたり取っ組み合いの喧嘩をしたり。よくそこから恋愛になったな…って思いますがある意味お似合いのカップルw
二枚目なのに容赦なく変顔をするアーミルがかわいいです。
余談ですが、私はファンのくせに来日時に生でご尊顔を拝見するまで、アーミルさんのことをイケメンだとは思っていなかったことを告白します…だ、だってスクリーンの中だと表情の幅が広すぎるんだもんあの人。

後半はドタバタな前半とうって変わってシリアスな展開で、父二人の策略でどちらのカップルも引き裂かれてしまいます。つらい、屈辱的な状況の中で、兄と妹のようにお互いに支えあうアーミルとカージョルがまた良かったです。あと、アーミルさんとアジャイさんがまじ喧嘩するシーンがあるんですが、その二人だと後のアクション俳優アジャイさんの方が強そうw
ラジャとアジェイの階級差を越えた友情も見物です。


映画と現実は違いますが、基礎知識としてこれをちょっと頭の片隅に置いておくといいかも。

「恋愛は罪なのか?」
恋愛結婚も増えてきたとはいえ、親が決める結婚が主流なインド。
階級・貧富の差がある相手との恋愛で、結婚を反対されるだけならまだしも、駆け落ちすると追っ手をかけられたり相手や息子・娘の身に危害が及ぶという事件も実際に起こっているようです。

映画はそういう状況に対しての愛の強さや本当の親子の絆とは?というテーマをコミカルに劇的に描く作品でした。王道。だがそれがいい。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Dangalの撮影に向けてのインタビュー② «  | BLOG TOP |  » リンク追加しました

プロフィール

aamirfanjp

Author:aamirfanjp
英語力ポンコツ、ヒンディー語ど初心者なぬるいインド映画オタク。祝PK日本公開!

最新記事

カテゴリ

基礎情報+関連リンクまとめ (1)
はじめに (1)
出演映画感想 (13)
最近のアーミルさん情報 (20)
映画以外のアーミルさん (5)
萌え叫び (5)
その他関連インド映画情報など (1)
未分類 (3)
出演映画一覧 (2)
インタビュー (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示