topimage

2017-06

アーミル・カーン基礎情報+関連リンクまとめ - 2015.03.16 Mon

アーミル・カーン(Aamir Khan)
1965年3月14日 インド ムンバイ生まれ
ヒンディー語映画界(ボリウッド)を代表するスター俳優の一人。
子役時代から数々の映画に出演、監督・製作としても活躍。
出演する映画を入念に選び、役作りに打ち込むところから、Mr.Perfectionist(完璧主義者・日本ではMr.パーフェクトとも)と呼ばれている。

日本公開主演作
「きっと、うまくいく」ランチョー役:44歳で20歳前後の大学生の役を演じる
「チェイス!」サーヒル役:一年かけて肉体をビルドアップ、アクション・アクロバット・タップダンスと複雑で高度な名演技でドラマを魅せる

日本語字幕DVDのみ
「ラガーン」当時ヒットしないと言われた歴史物・スポーツ物大作に挑み、主演・製作して見事アカデミー外国語映画賞にノミネートされた作品。(オンラインレンタルなどで見られると思います。)

日本語Wiki:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%B3
英語Wiki:http://en.wikipedia.org/wiki/Aamir_Khan

制作・司会を手がける社会派トーク番組「Satyamev Jayate(真実は常に勝利する)」
シーズン1第1回「Female Foeticide」

インドの社会問題から目をそらさずに、アーミルが当事者の話を聞き、問題提起するという番組です。
公式からすべて英語字幕付きでアップされていますので、番組タイトル+English subtitleで検索してみて下さい。

2014年10月東京国際映画祭にて初来日
関連リンク
舞台挨拶

(ニコ動に公式からインタビュー動画がアップされていたのですが視聴期間が終わってしまったようですT_T)
武井壮とアーミル・カーン対談(動画あり) ←3/20追記

来日中の色々をまとめて下さってます!
アーミル・カーン来日中の様子をまとめてみた-NAVERまとめ

来日時の主なネット記事
dacapo
BOOKSTAND映画部
来日中に語った言葉をツイートするアカウントも! アーミル・カーン2014in東京bot

その他アーミル情報含むボリウッド関連リンク(日本語サイトのみ)
日本で唯一のボリウッド専門誌 ナマステ・ボリウッド
最新号+42号にチェイス!の見開き記事・特別編集ムックVor.3〜5号に俳優としてのアーミル・カーンや出演作の紹介記事が掲載されています。情報量がとても多く、アーミル以外にもボリウッドの全体像を把握したい場合におすすめ。

英語字幕付きインド映画DVDが買えるお店(日本未公開作が見たくなったらここ!)
西域諸国民藝品はるばる屋
ラトナ ボリウッドスタイルショップ
ティラキタ
スポンサーサイト

● COMMENT ●

感謝です!

初めまして!
8月にアマゾンプライムで偶然「チェイス」を見て、
アミールのファンになりました。
以前3idiotsを見てはいたのですが、
特に風が吹くこともなく(ランチョー風?)。。。
しかし「チェイス」で風どころかaamirとインド映画の暴風に巻き込まれてしまった感じです。
それ以来、ちょっとずつアミールのDVDをAmazon.comから輸入して楽しんています。
そして今日はとうとうビッグイシュー253号をヤフオクで入札してしまいました(近所に販売員さんがいないので)。
アミールと私は同じ年なので親近感が沸き、映画を見れば見るほど好きになっていきます。生き方にもとても共感します。
ただ、日本、特に鹿児島ではこの喜びをシェアできる場が少なく、残念に思っていたところにこのブログにたどり着けて、今日はとてもうれしいです。
PKは鹿児島にも来るらしいので、劇場へも見に行きたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

>Rieさま
はじめまして!コメントをありがとうございます。
アマゾンプライムでチェイス!を…!最近あちこちで配信がはじまっていて、これを機会にアーミル・カーンにはまって下さる方がもっと増えるといいな〜と期待しています。
(ご存知かとは思いますが、配信は日本公開版=カット版なのでもしも未見でしたら円盤のレンタルor購入をおすすめします〜特典付きBD版のメイキングも必見ですよ…!)

輸入盤、上記の記事の日本のお店やインド本国のinduna.comというところでも通販が出来ます。
もしamazonでは手に入らないものがありましたらそちらもご覧になってみてはいかがでしょうか。

本当に出演作を見れば見るほど、知れば知るほど好きになってしまいますよね。
どんどん深みにはまってしまいます(笑)
PKもついに来月日本で全国公開でとっても楽しみですね。
こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

それととてもまぎらわしいのでよく間違われているのですが、名前の伸ばす位置「アミール」ではなくて「アーミル」だそうです。
世界的に「アミール」という名前の方がよくある名前なのですが(パキスタンのボクシングのチャンピオンとか)「アミール」だと軍司令官/王様みたいな意味で、「アーミル」だと裕福な人みたいな意味のようです。

アーミル

アーミル!なんですね。
思い込みでアミールとばかり(恥)
教えて頂き、ありがとうございます。

今日はPKの列車爆発のシーンに流れる
物悲しいヒンディーポップソングが何故か頭を巡ってます。

どうぞ良い一日を!


管理者にだけ表示を許可する

お誕生日おめでとうございます!&PKのDVD発売 «  | BLOG TOP |  » はじめに

プロフィール

aamirfanjp

Author:aamirfanjp
英語力ポンコツ、ヒンディー語ど初心者なぬるいインド映画オタク。祝PK日本公開!

最新記事

カテゴリ

基礎情報+関連リンクまとめ (1)
はじめに (1)
出演映画感想 (12)
最近のアーミルさん情報 (19)
映画以外のアーミルさん (5)
萌え叫び (5)
その他関連インド映画情報など (1)
未分類 (2)
出演映画一覧 (2)
インタビュー (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示