topimage

2017-06

チェイス!限定版BD感想パッケージ&本編編 - 2015.07.05 Sun

ついに日本版・ノーカット・特典付きのチェイス!BDが手元に届きました。
パッションのままに萌えメモを。一部ツイッター呟きからも。
(限定版BDを基本にした話です・バージョンによって異なる部分もあります)

2015070419190000_convert_20150705160920.jpg


・まず本国版と同じデザインのスリーブに大興奮!ヤシュラジそのまま!
表面下部から裏面をくるむような形で日本語のタイトル帯と説明が入ってますが、それを取ると本国版のかっこいいデザインが出現!裏面もマラングの美しいアーミルさんとカトリーナさんが。そして英語のみでCDタイトルトラックの文字が入っています。背表紙のみに「チェイス!」の文字。
BD本体のパッケージデザインは日本版なので、二種類楽しめて二度美味しいです。

・おおっBD二枚とCDが一枚ずつ分かれたプラスチックのホルダーに入っている!感動!!さすが日本盤!(※複数枚のDVDが重なりあって入ってたり割ってしまいそうに取り出しにくかったりするインド盤に慣れ過ぎた人の反応)

・ブックレットは表紙込み8P。こちらも表紙は本国版デザイン。
内容はメイキングの要約のような記事と、パンフと同じキャスト紹介、松岡環先生のアーミル来日後記(新しいもの)でした。

来日後記を読んで、あらためてアーミルさんの来日はすごいことだったんだな〜と感慨深いです。そこに居合わせることが出来た奇跡に感謝の念しかありません。
そして締めの一文、『次回作を引っ提げての、再来日を願っている。』におそれながら全力で同意でございます…!チェイス!公開後にアーミルファンになった方も多いので、来日時は知らなかったという方も多く、再来日とPK公開を心から願っています。


・本編Discミュージッカルチャプターついてます!!!(BDのみかも※未確認)ひゃっっほう!!!延々ダンスシーンを流し続けることも可能!!

・もちろんノーカット!マラングフルはもちろん、劇場では丸ごとカットされていたTu Hi Junoonも、ジャイとアリのアクションシーンやぐっと来るシーンも日本語字幕つきでじっくり鑑賞できます。


・本国版予告や特報にも日本語字幕が…!ありがたやありがたや。(ポニーキャニオンさんを拝む)今年を締めくくるWITH A最高傑作ですよ!

そういえば、日本の劇場公開時に、本国版予告の日本語字幕付きも流してくれたらいいのに、と常々思っているのですが(チェイス!に限らず)、何かできない理由があるのでしょうか?
何かしらの意図を持って日本用予告を作っているのはわかるのですが、人によって興味や好みも様々なので本国版にそのまま字幕をつけただけの予告という選択肢もあれば…と思うのです。人におすすめするときとか。


・本国版を持っているので、はじめの一回は日本語字幕+日本語吹き替えを選択して翻訳の差違を楽しむというマニアックな見方をしましたw私は基本的に字幕派なのですが、アーミルさんたちが日本語しゃべってる!や字幕には出ないモブの人たちのセリフ、細かい印象や情報量の違いを楽しみました。

ツイッターで話題になっていた「希望の太陽四方よりいづる」がしほうじゃなくてよもだったんだ!とか、字幕「あんたの言うとおりかもな」吹替「あんたが正しい」で言い切っちゃうんだ!?だったり面白いです。

吹き替えの声と演技も好みは人によるかと思いますが、私はおおむね違和感なく観られました。(洋画っぽい感じ)
あらためてアーミルさんの役の演技は難しいんだな〜とアーミルさんの演技と感情表現の幅を認識しましたが。これはもう、ファンとしてはしかたないですね。クールなドヤ顔とピュアな子どもっぽさ、その幅を演じきるアーミルさんはやっぱりすごいです。
なんにせよ、選択肢が多いということはいいことだと思います!声優さんのファンの方も観て映画のファンになって下さったらいいなあ。


・字幕の日本語が美しい…字幕って、文学ですね。
思いあまって以前Tu hi junoonを自分で翻訳してしまったので、内容はほぼ同じなのに、プロ字幕の無駄のない言葉選び、漢字使いの美しさに震えました。

ストレスなく観られる・意味が取れるということ以上に、母語だと細かなニュアンスや言葉の美しさもわかるのでより心を掴まれる気がします。日本語字幕愛。


・余談ですがTu Hi Junoon のJunoon、私が以前訳した元の英訳だと「Passion=情熱」になっていたのですが、原語の意味としては「Crazy」字幕のとおり狂気や狂信という意味のようです。(某P様に教えていただきました)


・ブルーレイ画質素晴らしい…!泣ける…!ヤシュラジの画面が本当に色彩が綺麗で大好きなのです。アクションシーンでもバイクだけでなくシカゴの街がとても美しくて、子ども時代も窓際の観葉植物だったり背景の小物の調和のとれた美しさにも感動です。



長くなってしまったので特典BDの方はまたの機会にします。
でも一時間以上のメイキングに加えて、ビハインド・ザ・シーンも、プロモーションビデオ集&ミュージッククリップも、他では公開されていないアーミルさんと監督のインタビューも入っていて、すべてに日本語字幕付きの充実ぶりでした!!!
購入を迷われてる方がいらっしゃいましたら、ぜひ特典付きをおすすめいたします。
(限定1000セットの特典付きBDはサントラCD付きの三枚組です)

さあレッツお茶の間でドゥームマチャレーーー!!

スポンサーサイト

● COMMENT ●

祝!!!

チェイス!
凄かった!!
凄すぎて、なんて感想を言っていいのか・・・・
以前の記事で書いておられたアーミルの萌えポイント
アーミル濃度が濃い、幅広い表情、演技が見られる、命綱なしで空を飛ぶ、自分を追い込みまくったダンス
なんていうか天使、小柄に見える、素晴らしい筋肉、表情が切り替わるシーンが最高
など・・・どれも激しく同感です。
ここまで見せてくれるの大サービスですね。
インド最高!アーミルji最高!
この4日間、24時間頭の中はドゥームマチャレーーーです。

祝!!!

>ビンドゥ様
チェイス!本当に凄かったですねー!!!
日本でここまでのものを出していただけるとは思わず…感動です!!!
本編で萌えポイントをじっくり堪能し、メイキングを見るとまたどれだけの力と情熱を注いで作られたのかに感動し、もう一度本編を観てすごさを再確認し、もう一度メイキングを観て…エンドレス輪廻ですww
演技中のアーミルさんとふとした素のショットや撮影してないときの笑顔とのギャップにもときめきます。
これは、日本の観客にもぜひ見てほしい!マラングメイキングだけでいいから!って思ったりもします。
インド映画&アーミル万歳!

みました!

この二日間でdhoom二回みました!!
アクションなのに最後は号泣で本当に良かったです!
アーミルカーンのことがさらに好きになりました!!
私はアーミルカーンにどうしてもファンレターを書きたいんですがなにかほうほうしりませんか?
事務所のアドレス?が調べたらでてきたんですけど、そこに送ればいいのでしょうか?

>インディア様

コメントありがとうございます!
本当に日本盤で見るとまた感動もひとしおで、見るたびに発見がありますね!
私もアクションなのにドラマ部分が濃いところとアーミルさんの素晴らしい演技が大好きです。

ファンレターですが、こちらは個人的にやっているタイトルどおり非公式なブログでして、アーミルさん側の公式とのつながりは全くありません。(シャールクさんのような公式ファンクラブというものも存在しないような…?)

私自身もファンレターを出したことがないもので、こうすればいいと申し上げることは出来ないのですが、こちらを参考にされてみてはいかがでしょうか? http://www.fanmail.biz/15310.html
アーミル・カーン・プロダクションはご本人が映画のプロデュース(制作)をする時の会社名で、おそらく事務所兼自宅?なんじゃないかなと思います〜(間違ってたらすみません)

ありがとうございます!

お返事ありがとうございます!!
一度書いてみることにします!!

そして私もPKのDVD買います( ´ ▽ ` )

自宅・・・!!

すごい!
え~え~え~自宅の住所!
私も書いてみようかな~ファンレター、でもドキドキしますね。

行ってしまったりも出来そうですね・・(・・ストーカー??)
私の友人が作業員を装い撮影所に侵入しアーミルjiと写真を撮ってもらったり、たくさんおしゃべりも出来たみたいです。ハグも!10年位前の話ですが。
インドって、割りと融通が利くところがあるから行ってしまえば何とかなるのかも・・・

まずはスムーズに会話できるようにヒンディー語を勉強するべきかな。

>インディア様
ファンレターを書こう!という発想がなぜか私にはなかったので、行動力を尊敬いたします!
PKもアーミルさんがとってもかわいくて、ご自身でも「キャリアベストの演技」って言ってらしたくらいなのでぜひぜひv

>ビンドゥ様
自宅?というのはあくまで私の推測ですので、間違ってるかもしれません…。
アーミル・カーン・プロダクションはあまり大きな会社組織という感じではなかったので。
ただ結構ボリウッドスターって自宅住所公開されてますよね。観光名所と化してるお屋敷もありますしw
アーミルさんのお家の近くに行ったけど警備員に追い払われたって話をどこかで聞いたような…行ってしまっても遠くから見つめるくらいしか出来なさそうです。

撮影所でアーミルさんと…!ご友人の方がうらやましいです!!!
北京でもファンがキスしてる写真が流れたりしてましたもんね…直接出会えればきっとファンサービスも惜しみなくして下さるんでしょうね〜。

直接出会うまでが大変ですが…その日に備えてやはりヒンディー語を勉強するべきでしょうか。
ああでももしご本人を目の前にしたら、頭の中真っ白になって覚えた単語も全部飛んじゃうような気がしますw


コメントの返信が遅くなってすみません。ありがとうございます!


管理者にだけ表示を許可する

アーミルさん推薦映画三作品(日本公開も:7/16追記:8/31追記) «  | BLOG TOP |  » 祝・「チェイス!」全長版BD/DVD発売!!

プロフィール

aamirfanjp

Author:aamirfanjp
英語力ポンコツ、ヒンディー語ど初心者なぬるいインド映画オタク。祝PK日本公開!

最新記事

カテゴリ

基礎情報+関連リンクまとめ (1)
はじめに (1)
出演映画感想 (12)
最近のアーミルさん情報 (19)
映画以外のアーミルさん (5)
萌え叫び (5)
その他関連インド映画情報など (1)
未分類 (2)
出演映画一覧 (2)
インタビュー (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示