topimage

2017-06

「アーミル・カーンの映画でオススメは?」その2 - 2016.06.26 Sun

<2016/06/26 Akele Hum Akele Tum / Dil / Love Love Love追記>


<ラブロマンス2000年代(シリアス寄り)>
Fanaa(神との合一/溶融※イスラーム神秘主義の用語)・・・盲目の少女とデリーの観光ガイド(アーミル)の恋。彼には実はもう一つの顔があり・・・。カシミール分離独立運動に絡み、詩的で美しい悲恋の物語。

Ghajini


<ラブロマンス1990年代(コメディ〜シリアス・アクション・ダンスまで全部入り多し)
Raja Hindustani(ラジャ・ヒンドゥスターニー※王様・インド人の意)☆・・・孤児で無学だが誇り高く生きているタクシー運転手、ラジャ・ヒンドゥスターニー(アーミル)と旅行でやってきたお金持ちのお嬢様との身分違いの恋。激情家だけどとってもかわいい若アーミルさん。

Mann(善き心)☆・・・破産寸前のプレイボーイが豪華客船で本物の恋に落ち、本来持っていた善い心を取り戻す。そして自分の力で仕事をしてヒロインを迎えに行こうと努力する。主人公の内面の変化と成長が胸熱。

Ishq(恋)☆・・・大金持ちと庶民の親友の男女二組がそれぞれ恋に落ちる。庶民の青年(アーミル)とお嬢様(ジュヒー)、大金持ちの青年(アジャイ)と庶民の娘(カジョール)の組み合わせに、激怒する父親たち。前半はドタバタラブコメディ、後半は引き裂かれる恋人たちに罠や身の危険も迫るシリアス展開。超豪華キャスト。

Rangeela(色彩乱舞)☆…ダフ屋をして生計を立てる孤児の青年(アーミル)幼馴染の娘に想いを寄せるが、なかなか素直になれない。そのうちにバックダンサーをしていたヒロインは有名な映画スターに見出され、女優への道を駆け上がっていく…。チェイス!のお父さん役ジャッキー・シュロフとの三角関係。

Qayamat Se Qayamat Tak(破滅から破滅まで)☆ …アーミルさん主演デビュー作。ロミオ&ジュリエット翻案、とはいいつつ大枠のストーリー程度(家が仇同士で恋に落ちて駆け落ち等)。とにかく若くて華奢で半ズボン(!)をはいていたりも。さすがに80年代なので古い感じはしますが、ジュヒー・チャウラーとのベスト・カップルぶりの原点を知ることが出来ます。

Akele Hum Akele Tum(ひとりぼっちの僕らひとりぼっちの君)☆…歌手として成功をめざすローヒト(アーミル)と同じく歌手をめざすキラン(マニーシャ)が出会い、駆け落ちをする。息子が生まれるが、家庭を顧みないローヒトと、生活に追われ歌手になれない現実に疲れたキランは家を出て行ってしまう。残されたローヒトは悪戦苦闘しながら息子と少しずつ心を通わせていくが…。アーミルさんの良いパパっぷりが楽しめます。映画「クレイマークレイマー」の翻案。

Dil(心)☆…強欲な小金持ちハザーリー(アヌパム・ケール)は息子ラジャ(アーミル)を何としてでも金持ちの娘と結婚させようと画策するが、その相手はラジャが大学でからかいいたずらし続けていたマードゥ(マードゥリー)だった。破談になり、侮辱されたハザーリーは怒るが、ラジャとマードゥーの間には違った感情が芽生え…。
はからずもアヌパム氏の怪演が印象に残ってしまいました…w恋愛物というよりコメディとして観るのもいいかも。(正直、マードゥリーは美しいけどなぜそこで恋に落ちるのかよくわからな…げふんげふん)

Love Love Love(愛 愛 愛)☆…タクシードライバーの息子(アーミル)は大学の同級生であるお金持ちの娘(ジュヒー)と恋に落ちる。しかし娘の父の商売上のパートナーは街で一番の力を持つマフィアであり、マフィアの息子から結婚を迫られることに…。何気に親子関係が物語の鍵。強そうには見えないけど、いざとなったらアクションもばりばりです。(90年代あるある)


<コメディ>
Andaaz Apna Apna(自分流儀)☆…サルマン・カーンとの唯一の共演作。一攫千金を夢見る若者たちは、婿を探しに海外からやってきた大金持ちのお嬢様となんとか結婚にこぎ着けようと、足を引っ張り合いながらさまざまな策を巡らす。ドタバタコメディ。

Hum Hain Rahi Pyar Ke(私たちは愛の旅人)☆…姉夫婦が事故で亡くなり、大学を中退して義兄の縫製工場と三人の子どもを相続した青年(アーミル)。言うことを聞かない子どもたちに手を焼き、工場の契約に問題が発生する中、子どもたちが匿った家出娘の存在から少しずつ皆の心が一つになっていく。ほのぼのファミリードラマ風。

PK

きっとうまくいく」3 idiots

Ishq☆

Dil(心)☆


<ドラマ/アート系/静かめ>
Dhobi Ghat-Mumbai Diaries- (ドビー・ガート※洗濯場ームンバイ・ダイアリーズー)…ムンバイという都市に生きる4人の人間を主役にした、係わり合いながらもオムニバスのような物語。妻のキラン・ラーオ監督作品。アーミルさんは孤独な画家の役。リアルで静かな演技が素アーミルなのでは!?という萌えを呼ぶ作品。

Talaash

1947 Earth


<番外・プロデュース作品※未見です>
Peepli Live (ピープリー村生中継)…貧しい農民の保険金目当ての自殺とそれをニュースにしようとするマスコミのブラック社会派コメディらしいです。

Delhi Belly (デリー下痢)…甥のイムラン・カーン主演、大人向けブラックコメディ。ラストにアーミルさんがノリノリな悪ふざけでゲスト出演w


輸入正規盤のアーミルさんのDVDを手に入れられる日本のお店はこちらです。
中には入手困難なものもありますが、一時的な品切れなら相談すればお取り寄せをして下さることも。

西域諸国民藝品はるばる屋
ラトナ ボリウッドスタイルショップ
ティラキタ

英語でもOKならこちらがおすすめ。ただ再生出来なかったりした場合ちょっと面倒かも。(たいていはできますがたまに傷その他で再生出来ないものも)
induna.com


新しく観たらまたそっと足していきます(予定)

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

PKについて «  | BLOG TOP |  » 「アーミル・カーンの映画でオススメは?」その1

プロフィール

aamirfanjp

Author:aamirfanjp
英語力ポンコツ、ヒンディー語ど初心者なぬるいインド映画オタク。祝PK日本公開!

最新記事

カテゴリ

基礎情報+関連リンクまとめ (1)
はじめに (1)
出演映画感想 (12)
最近のアーミルさん情報 (19)
映画以外のアーミルさん (5)
萌え叫び (5)
その他関連インド映画情報など (1)
未分類 (2)
出演映画一覧 (2)
インタビュー (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示