topimage

2017-06

アーミル映画で巡るインドの名所 - 2016.09.12 Mon

PKの公開まで二ヶ月を切りました!
そしてインド旅行のベストシーズン秋〜冬も近づいてきました。
今回の記事ではアーミル映画に出てくるインドの観光名所なロケ地について、私のわかっている部分を紹介しようと思います。(ガイドブックに載っている有名観光地中心・あえてあまりマニアックな場所は入れていません)
もっとこんなオススメの場所もあるよ!って方はぜひ教えて下さいませ。

※実際に旅行される際には最新情報・地図など調べて下さいね!


デリー

・フマユーン廟 
「PK」のLove is Waste a timeで前を歩いていた世界遺産。「Fanaa」でもレハーンがガイドをしています。
タージ・マハルの原形となったムガル建築の傑作。二代皇帝フマユーンが葬られています。

・クトゥブ・ミナール
「PK」のLove is Waste a timeで望遠鏡でのぞいている高い塔の遺跡。詳しくは下記参照。

・Metro Walk & Adventure Island
「PK」のLove is Waste a Timeで噴水の中で踊ったり、クリームを口につけたりしていたショッピングモール&遊園地。

・キングダム・オブ・ドリームス
「PK」のLove is Waste a Timeでワイヤーでぶら下げられたりバイクに乗ったりしつつ踊っていたステージ。
豪華なボリウッド映画風ミュージカル公演が見られ、劇場の外にはインド各州をテーマにしたレストランも。
(デリー南部郊外のグルガオン)

metro.jpg
・巨大なハヌマーンとデリーメトロ
「PK」デリーのシーン冒頭で登場。Love is Waste a Timeで太ったおじさんの膝の上に乗って踊っちゃっているのもデリーメトロだと思います。

connaught3.jpg
connaught1.jpg
・コンノート・プレイス
「PK」でシーク教徒のおじいちゃんにお金を貸してくれと言われる場所。「きっと、うまくいく」でピアが婚約者スハースに高級時計を買ってもらってランチョーのせいで婚約破棄した場所。
円形に白い柱が並び高級店が入っている、イギリス統治時代に作られたデリーの銀座(?)

agrasenkibaoli.jpg
・アグラーセンの井戸
PKが住み着いていた階段井戸の遺跡。ガイドブックなどにはあまり載っていない穴場。




・クトゥブ・ミナールと複合建築群
「Fanaa」の Chand Sifarishのメイン舞台。巨大なヒンドゥー寺院の礎材を用い作られたイスラム建築群。ズーニーの手を取ってなでさせている柱は元々ヒンドゥー寺院のものだったので、ヒンドゥー様式の文様が彫刻されています。
柵で囲ってある細い柱は1700年錆びずに残っていると言われる「アショカ王の鉄塔」です。

・ロディ・ガーデン
「Fanaa」の Chand Sifarishで二番めに出てくる場所。遺跡と緑豊かな公園と7つのアーチを持つ橋。

・鉄道博物館
「Fanaa」の Chand Sifarishで子どもたちと踊っていたところ。

・プラーナ・キラー
「Fanaa」の Chand Sifarishの最後のパートに出てくる場所。フマユーン帝が転落死した八角形の図書館と、門の一つ。



indiagatedelly.jpg
・デリーのインド門
「Rang de Basanti」でろうそくの灯りを捧げ、座り込みをしていた場所。「Fanaa」でもズーニーと二人で訪れます。
第一次世界大戦の戦死者を弔うため1929年に建てられた門。

jamamasjid.jpg
・ジャマー・マスジッドの屋根
「PK」で登場。オールド・デリーのシンボル的な存在らしく、はいここからデリーですよ、的なカットによく使われてます。南アジア最大級のモスク。とにかくでかい。

redfort.jpg
・ラール・キラー
「Mangal Pandey」でムガル皇帝の住まう宮殿として登場。(内部は違うかも)




ムンバイ
dhobighat.jpg
・ドビー・ガート
その名のとおり「Dhobi Ghat」に登場した屋外洗濯場。ムンナーが仕事をしているところを撮影していた場所。
(案内人や特別なツアーがない限り、中には入らず駅の上から眺めるのが無難なようです)

indiagatemb.jpg
・ムンバイのインド門
「Mann」で船が最後にムンバイへ到着して、待ち合わせを約束した所。他でもムンバイというとちょこちょこ出てるかも?
英国王と王妃のインド上陸を記念して1924年に建築。

marinedrive.jpg
・マリーン・ドライブ
ムンバイの海岸線に沿った道路。「Talaash」で車が海につっこんだ所。陸側には高級マンションが並んでいるらしいです。
「Dhobi Ghat」冒頭にも。

choupatybeach.jpg
・チョウパティ・ビーチ
「Dhobi Ghat」でアルンが立っていた所。有名なビーチですが、生粋のムンバイっ子であるにも関わらずこの映画で撮影するまでアーミルさんは一度も浜に立ったことがなかったそうです。(地元民は観光地行かないみたいな話?)

(・チャトラパティ・シヴァージ・ターミナス駅)
(世界遺産。デリーのジャマー・マスジッド同様、ムンバイのシンボル的に使われます。あちこちで見たような気がするのですが、明確にどの映画か思い出せないので不確実な情報です)


ラダックのパンゴンツォ湖
ladakh.jpg
「きっと、うまくいく」のラストシーンに出てくる青の美しい湖。
4000m級の高地。近くにはモデルとなった学校もあるそうです。

マンダワ
mandawa.jpg
「PK」でPKがバイロンと出会い、車に轢かれた街。
ラジャスターン州(州都:ジャイプル)のシェカワティ地方、かつての裕福な商人たちの邸宅「ハヴェリ」に美しいフレスコ画の壁画が多数残っている街だそうです。行ってみたい!(マンダーワーで検索するとPKのロケ地へも行った方のブログがヒットします)

番外・タージマハール
「チェイス!」はシカゴが舞台。(ちなみにサーヒルの時代のサーカスの外観ロケ地は水族館だそうです)
しかし初代大インドサーカスの舞台背景はアグラのタージマハールです。うん、インドと言えば!
それと「Love Love Love」でタージマハールの模型を愛のプレゼントとして贈ったりしています。

参考資料:地球の歩き方「インド」2016~2017年度版
     JTBパブリッシング刊 るるぶ「インド」2013年度版
     TripAdviser
     Google画像検索
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

したまちコメディ映画祭「PK」上映レポート «  | BLOG TOP |  » PKしたまちコメディ映画祭上映・次次回作Thugの噂など

プロフィール

aamirfanjp

Author:aamirfanjp
英語力ポンコツ、ヒンディー語ど初心者なぬるいインド映画オタク。祝PK日本公開!

最新記事

カテゴリ

基礎情報+関連リンクまとめ (1)
はじめに (1)
出演映画感想 (12)
最近のアーミルさん情報 (19)
映画以外のアーミルさん (5)
萌え叫び (5)
その他関連インド映画情報など (1)
未分類 (2)
出演映画一覧 (2)
インタビュー (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示