topimage

2017-06

NDTV2015年初頭のインタビュー・2 - 2016.11.21 Mon

時間が空いてしまいましたが続きです。

・「3カーンを中心として"カーン(※イスラーム教徒の名前)"がボリウッドを支配していることは少し奇妙ではないでしょうか。これは愛による聖戦※だとしてポスターを引き裂かれるようなことについて影響を感じますか?」(※訳注 Love Jihad:ムスリムが恋愛感情や結婚を利用してイスラーム教を広めようとしているという主張)

アーミル:影響はそれほど感じない。
人々が僕らを愛してくれているのは宗教のためでも、他のなにかの要素のためでもないと思う。
銀幕に映る僕らの姿に、心でつながりを感じるから愛するんだ。
力を尽くして働くけど、だれが人々に愛されてスターになるかなんて、僕にもだれにもわからない。
クリエイティビティはすべてに勝る。

映画を観るとき、それが中国映画であろうと日本映画であろうと、まったく違う言語・文化・社会から出てきた俳優であろうと、それでもその人間との恋に落ちることはできる。
それは観客として映画を観る時にいつも起こることだ。
一人二人の人間がいう(政治的な)主張にわざわざ反応する必要はないと思う。僕の映画が嫌いなら観なければいいし、それを宣言する必要もない。

・「ではLove Jihadというような問題について意見を述べるべきだとは思いませんか?」
アーミル:それはまったく別の話だよ。何かについて意見を述べるということとは。
僕は自分の意見を述べるのに躊躇したことはない。それでよくトラブルにもなるんだけど…(苦笑)

すべての人間には意見を持つ権利がある。それが民主主義だと思う。
僕の意見ももしかしたら間違っているかもしれない。半年後には違う意見を持っているかも。
人は皆成長するものだから。もし一つの意見に固執して変えようとしなかったら、その人間に成長はないよ。
だから僕は自分の考えを変えることもためらわない。

『3カーンの映画は観るべきではない』という意見を持つ人間がいたとして、その意見を持つこと自体は尊重する。
ただしその個人の、一つの意見によって僕自身の考えが影響されることはないし、国全体が影響されるというようなことはないと思う。人は皆知性を持っているし、個人個人の物の視点や考えを持っているから、そんなに簡単に一つの方向へなびくとは考えにくいな。


・80%の人が所属するコミュニティ(ヒンドゥー教)ではなく、少数派のコミュニティ出身の人間が人気のあるスターであるという事実は、たしかにインドという国の文化や私たちがどういう人々であるかについて多くを語っていると思う。
ただ僕はインド人としてインドで生まれ育って、そこまで自分の出身コミュニティ(※イスラーム教徒であること)を真剣に気にしたことがない。子どものころに行っていた学校はあらゆる宗教コミュニティの子どもが通う学校だった。両親の育て方もそうだった。あらゆる違う宗教、コミュニティのお祭りを自宅で祝う家だったよ。

・「シャールク・カーンは2年前に”インド人ムスリムであること”というコラムを書きましたが、宗教のラベルを貼られること、またそれをはがされることは、自分自身でなくなるように感じますか?」
僕は、自分自身のことは「人間」だと思っているんだ。
たとえば、僕に「インド人」というラベルを貼ることもできるよね。
インドという国でさえ人間によって作られた、人を画定し分つものだ。
自然そのものが、あるいは私たち皆を作った存在が、この区別を作ったとは思わない。人間が作った区別なんだ。
だれそれはインド人、だれそれは日本人…個人としてはすべての人はただの「人間」だと考えている。
だから、自分自身にラベルを貼ることはしたくないんだ。


・「インドの中での不寛容の問題や言論の自由などについて…映画を作る上でも検閲や抗議もありますが…どういう方向へ動いていると思いますか?」
インドの中ではあらゆる現象が起こってるし、あらゆる物の見え方があるし、そこがインドの良さだと思うよ。
PKを例として話そうか。
PKは宗教というインドではとてもセンシティブなテーマを扱っている。インド人は皆自分がいずれかの宗教の出身だと思っているからね。

PKのようなセンシティブなテーマの映画が空前の大ヒットになったということは、この国の人々が新しい考えに対してオープンであるということを象徴していると思う。
新しい考え、いやもしかしたら先人たちがずっとくり返し問いてきた考えかもしれない。映画の中でもカビールが説いたのとを同じことを言っていたりする。カビールやかつての思想家たちも説いてきたことだから、新しい考えとは言えないかもしれないけど、長い期間を経て公的な場所で新たに問い直されたんだ。
それが多くの人々に支持された、その事実そのものがインドが寛容であることを示していると思う。

意見の表明は、それがどういう態度でなされるかによって大きく変わる。
もし人を傷つけようとして言えば相手は傷つく。
心を開いて自分自身で探し出した意見を言えば、賛成不賛成に関わらず相手の考えを深めるのを助けることもあるだろう。少なくとも傷つけることはない。

それとは別に、PKの上映をボイコットしたグループもある。
その心情は尊重する。個人がそういう感情を持つことは普通のことだ。
PKの上映を中止しようとした少数の人々、映画に不快感を感じた気持ち自体は、自分とは違っていても尊重する。
ただし、彼らは私的に法をねじまげるべきではない。映画の作り手はちゃんと上映許可を取って作品を世に問うているのだから。
この映画が嫌いだ、賛成できない、不快な気持ちになる、人に観るべきではないと言うのはかまわない。でもそれと、法を自分のほしいままにすることとは一線を引くべきだ。今はSNSで個人の意見も発信できる時代なんだから、不快な気持ちになる、見るべきでないというような感情はそういう場所で表現すればいい。
物理的に力づくで何かを止めようとすることは正しくないと思うよ。

ー③へ続く

☆「宗教のラベルを貼る」という言い方は、PK日本語字幕では「宗教の印」と訳されています。印=Label(英語字幕)です。

☆カビール:ヒンドゥーとイスラーム双方から真理を追究したインドの思想家。wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB

☆例としてよく日本が出てくるのは、チェイス!プレミアでの来日&プライベート日本旅行の数ヶ月後だったからだと思われます。印象深かったようでこの後も話題に出てきます。

☆PKはインドで史上最大のヒット作となる一方、宗教を冒涜しているとして一部のヒンドゥー過激派からボイコット運動が起こり、ポスターを燃やされたり等もしたようです。




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Dangalインド公開間近! «  | BLOG TOP |  » NDTV2015年初頭のインタビュー①

プロフィール

aamirfanjp

Author:aamirfanjp
英語力ポンコツ、ヒンディー語ど初心者なぬるいインド映画オタク。祝PK日本公開!

最新記事

カテゴリ

基礎情報+関連リンクまとめ (1)
はじめに (1)
出演映画感想 (12)
最近のアーミルさん情報 (19)
映画以外のアーミルさん (5)
萌え叫び (5)
その他関連インド映画情報など (1)
未分類 (2)
出演映画一覧 (2)
インタビュー (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示