topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mangal Pandey-The Rising-について - 2015.10.25 Sun

Mangal Pandey -THE RISING-
監督 ケータン・メヘター
出演 アーミル・カーン、トビー・スティーブンス、ラーニー・ムケルジー、アミーシャ・パテール他
2005年公開





<あらすじ>
1857年、イギリス東インド会社のインド支配に反抗し、インド大反乱(セポイの乱※後述)のきっかけをつくったインド人傭兵マンガル・パンデーを描いた伝記歴史映画。

1857年、東インド会社のインド人傭兵(スィパーヒー)のマンガル・パンデー(アーミル・カーン)はかつてアフガニスタンの戦役で命を助けたイギリス人士官・ウィリアム・ゴードン(トビー・スティーブンス)と立場を越えた友情を築いていた。

一方でインドはイギリス東インド会社による支配により、様々な社会的ひずみや不満が高まりつつあった。
そんな中、東インド会社は新兵器、エンフィールド銃の採用を決める。新しい銃は火薬包を口で噛み切って装填する必要があり、その薬包には牛と豚の脂が塗られているという噂が広がる。
インド人傭兵のヒンドゥー教徒にとっての牛の脂、イスラーム教徒にとっての豚の脂はともに口にすることができない宗教的禁忌だった。
スィパーヒーたちは疑惑を元に銃の使用を拒否するが、上官に説得を命じられたゴードンは”牛と豚の脂は使われていない”と説明する。友情から、その言葉を信じたマンガルは率先して薬包を噛み切る。

ゴードンはサティ(寡婦殉死)を強要されていた女性ジュワラ(アミーシャ・パテール)を助け、インドの伝統に逆らい彼女を匿う。

新たにイギリスから派遣された官吏が、アヘンの栽培を強いられていた農民たちにアヘンの私的売買を禁じたことで、暴動が起こり、マンガルらインド人傭兵にも攻撃命令が下る。インド人傭兵がインド人を撃ち殺すという事態になり、マンガルは東インド会社に従うことに強い疑問を感じはじめる。

その後マンガルは白人向けの高級娼館でヒーラ(ラーニー・ムケルジー)に強引に迫るイギリス人士官を目にし、我を忘れて殴りかかる。牢につながれ、報復で殺されかけるが、ゴードンに助けられる。
「体を売っても魂は売らない、あなたのようには」というヒーラの言葉が深く胸に刺さるマンガル。

そんな時、銃の薬包の疑惑を決定づける現場をマンガルは目にしてしまう。
信じていたゴードンの裏切りを知り、二人の友情には決定的な亀裂が—−—

Fanaaについて - 2015.09.13 Sun

おひさしぶりです。
私事ですが引越でバタバタしていて時間が取れず、すっかり間が空いてしまいました。
関西へ引っ越してなんとか段ボールの中からアーミルさんのDVDも発掘してきましたので、またぼちぼち更新していこうと思います。荷造り中も禁断症状にそなえてチェイス!は最後までしまわずに当日箱に入れましたw

引っ越し直前にあらためてFanaaを観る機会があり(某様ありがとうございます!)、感銘を受けたので記憶の新しいうちに。
色々と見てまだ感想が書けていないアーミル作品がたくさんあるので、リストでも作りながらちょっとずつ紹介できたらな、と思います。



Fanaa(入滅 ※邦訳はナマステ・ボリウッド参照
監督 クナル・コーリー
出演 アーミル・カーン、カジョール、リシ・カプール、キロン・ケール、タッブー他
2006年公開


<あらすじ>(トレイラーと同程度の中盤ネタバレあり)

Mannについて - 2015.05.13 Wed



Mann(善き心)
監督 インドラ・クマール
出演 アーミル・カーン、マニーシャ・コイララ、アニル・カプール、シャルミラ・タゴール他
1999年公開



<あらすじ>
アジアン・カルチャー・フェスティバルで優勝した音楽教師のプリヤ(マニーシャ・コイララ)はシンガポールからボンベイの豪華客船クルーズに招待される。また放蕩者のプレイボーイ、デーヴ・カラン・シン(アーミル・カーン)も大富豪の娘との結婚を前に、「寄港地で祖母に挨拶する」という名目で同じ船に乗り込む。

客室の間違いや乗り合わせたエレベーターが故障するといったトラブルで偶然二人は出会い、プリヤの美しさに惹かれたデーヴは強引に迫るが、その悪評からプリヤは彼を忌避する。実はプリヤにもボンベイに婚約者がおり、来月にも結婚することになっていた。二人は友人となる。
プリヤは友人としてデーヴに誠実さ、信頼を得ることの大切さを説き、デーヴの心を動かす。
寄港地で、デーヴは他の女の子と遊びに行ってしまうが、その時にプリヤは思わず嫉妬して後を追ってしまい、自分の気持ちに気づく。

次の寄港地の小さな島で、デーヴはプリヤを祖母の家へ招待する。
そこはとても美しい場所で、祖母(シャルミラ・タゴール)はデーヴが絵もうまく詩才もあり、なんでもできるが、うつり気で一つのことに集中出来ない性格であることへの危惧を語る。たった一人本当に愛する人ができれば人生でもまた一つのことに本気になれるだろうと。そしてプリヤに心に従って生きるようにアドバイスする。

ボンベイに着き、二人は6ヶ月後のバレンタインデーにインド門での再会を誓う。
デーヴはそれまでに自分の力でお金を稼ぎ、二人で暮らせるように独立すると約束する。

デーヴは大富豪の娘アニタとの婚約を破棄して破産してしまう。
一方、偶然デーヴの行動を見ていて感銘を受けたプリヤの婚約者ラージ(アニル・カプール)は延ばし延ばしにしていた結婚をすぐに実行に移そうとする…



冒頭、アーミルさんが清々しいまでにクズなプレイボーイを演じていますw
客室にシャワーから出てきたヒロインがいると「一等船室にこんなサービスがあるとは知らなかった」とニヤニヤしたり、色んな女の子に声をかけて名前すら覚えてなかったり。
それがヒロインとの関係で、本当の恋をし、実はおばあちゃんっ子だったこともわかり、本来持っていた善い心(Mann)に目覚めていく様がとても良かったです。

プレイボーイですが、本質的には思い込んだらとにかく怖いくらい一途な、若干狂気じみてるくらい一途な昔ながらのインド映画主人公で個人的にはかなり好きです。

アーミルさんの演技は外側から眺めて「プレイボーイだけど色気たっぷりで素敵」というよりも、主人公の内面の変化に惹き込まれるものだなあとこの映画を見て思いました。

ヒロインのマニーシャ・コイララさんも映画「ボンベイ」で鮮烈な印象のあった女優さんで、憂い顔がとても美しかったです。デーヴのおばあさんとのシーンがとても綺麗で、デーヴの本質に触れるヒロイン、奥底に隠れていた純真で良い部分を垣間見せるデーヴ、すべてを悟っているようなおばあさんとお話のキーでもありました。
インドのおばあさんのすべてお見通し感はすごいです。

プリヤの婚約者のアニル・カプールがまた素晴らしいいい人で…いい人であるだけに、苦悩するヒロインの気持ちもわかります。

それほど多くを観たわけではありませんが、90年代、過度にドラマチックで、時にコメディシーンがうるさくて、でも良心と良い人々と、古き良き様式美があって私は好きです。今やものすごいビッグネームの俳優たちが共演してたりしますし。
ただ、衣装だけは!衣装だけは…!感動シーンなのにど原色の信号機のような衣装が目に突き刺さる…!
(ある意味時代が感じられて一興ではあります)








ISHQについて - 2015.04.12 Sun



若い頃のアーミルさん主演作に手を出してしまった記念の感想メモです。
ティラキタさんのインド映画レンタルDVDの日本語字幕(!)で鑑賞。

監督 インドラ・クマール
出演 アーミル・カーン、ジュヒー・チャウラー、アジャイ・デーヴガン、カージョル
1997年公開

<あらすじ>
町の大金持ちで、貧乏人が大嫌いな父を持つお坊ちゃんのアジェイ(アジャイ・デーヴガン)にはいつも一緒に悪さをする庶民の親友、ラジャ(アーミル・カーン)がいた。同じように貧乏人撲滅を願う大金持ちの父を持つ、お嬢様のマドゥフ(ジュヒー・チャウラー)にも庶民の親友カージャル(カージョル)が。
父二人は金持ち同士、無理やりアジェイとマドゥフを結婚させようとするが、アジェイは庶民の娘カージャルの方に恋をし、勝ち気なお嬢様マドゥフと自動車修理工のラジャも喧嘩をしながらお互いに惹かれあう。
貧乏人との結婚を許せない父二人は様々な妨害をするが…


古めのインド映画に感じる昭和臭…(インドに昭和はないですがっていうか、制作年はすでに平成時代になってますが)
早口でまくしたてる系のコッテコテのドタバタコメディからはじまるので、最近の洗練されたボリウッド映画からは隔世の感がありますが、むしろこれがいいんや…!そしてキャストがとにかく豪華!!
アーミルさんとアジャイ・デーヴガンさん(ミモラ・ターバン魂他主演)にカジョールさん(DDLJ・マイネームイズハーン・Fanaa他)まで!(ジュヒーさんも大変有名な方ですが個人的にほぼ初見)若い頃の有名俳優達がみんなでわちゃわちゃやったり踊ったりしているのを観るのが大変楽しいです。

アーミルさんは庶民の不良っぽい…いやむしろ小学生の悪ガキか!って感じの青年です。
ヒロインのジュヒーさんへのいたずらがほんともうしょーもないっていうかやり過ぎっていうかwジュヒーさんも勝ち気な性格で過激な行動をとるお嬢様なので、負けじと応戦しますww
歯磨き粉を投げつけたり取っ組み合いの喧嘩をしたり。よくそこから恋愛になったな…って思いますがある意味お似合いのカップルw
二枚目なのに容赦なく変顔をするアーミルがかわいいです。
余談ですが、私はファンのくせに来日時に生でご尊顔を拝見するまで、アーミルさんのことをイケメンだとは思っていなかったことを告白します…だ、だってスクリーンの中だと表情の幅が広すぎるんだもんあの人。

後半はドタバタな前半とうって変わってシリアスな展開で、父二人の策略でどちらのカップルも引き裂かれてしまいます。つらい、屈辱的な状況の中で、兄と妹のようにお互いに支えあうアーミルとカージョルがまた良かったです。あと、アーミルさんとアジャイさんがまじ喧嘩するシーンがあるんですが、その二人だと後のアクション俳優アジャイさんの方が強そうw
ラジャとアジェイの階級差を越えた友情も見物です。


映画と現実は違いますが、基礎知識としてこれをちょっと頭の片隅に置いておくといいかも。

「恋愛は罪なのか?」
恋愛結婚も増えてきたとはいえ、親が決める結婚が主流なインド。
階級・貧富の差がある相手との恋愛で、結婚を反対されるだけならまだしも、駆け落ちすると追っ手をかけられたり相手や息子・娘の身に危害が及ぶという事件も実際に起こっているようです。

映画はそういう状況に対しての愛の強さや本当の親子の絆とは?というテーマをコミカルに劇的に描く作品でした。王道。だがそれがいい。

チェイス!メイキング私家版和訳:ネタバレあり - 2015.03.28 Sat

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

aamirfanjp

Author:aamirfanjp
英語力ポンコツ、ヒンディー語ど初心者なぬるいインド映画オタク。祝PK日本公開!

最新記事

カテゴリ

基礎情報+関連リンクまとめ (1)
はじめに (1)
出演映画感想 (13)
最近のアーミルさん情報 (19)
映画以外のアーミルさん (5)
萌え叫び (5)
その他関連インド映画情報など (1)
未分類 (3)
出演映画一覧 (2)
インタビュー (16)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。